システムエンジニアは5年後、10年後の目標設定をしよう

システムエンジニアになると、まず目標を立てるように言われます。

それは5年後の目標(短期的な目標)と10年後の目標(中期的な目標)です。

着実にスキルアップする為には、目標設定をすることが必要です。

5年後、10年後の目標設定について、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

何も分からない中での目標設定

システムエンジニアになったばかりの右も左も分からない状態で「5年後、10年後の目標設定をしよう」と言われても、イメージができません。

書籍やインターネットで、5年後に出来ること、10年後に出来ることを調べることでしょう。

そのように情報収集することが大切で、イメージを膨らませて「なりたい自分」を設定します。

10年後の目標を達成するためには5年後の目標が必要です。

5年後の目標を達成するためには直近の目標が必要です。

まず「10年後」というのを一つの節目と定め、それに向かって一歩ずつ進んでいける目標設定をしていきましょう。

5年後の目標

システムエンジニアとして5年働くと、上司の指示のもとシステム開発を責任をもって遂行できるようになっているでしょう。

小規模案件のプロジェクトリーダーを経験しているかもしれません。

5年後の目標は「プロジェクトリーダーになる」、「ユーザーから信頼されるシステムエンジニアになる」、「システム障害を起こさない」などでも良いでしょう。

10年後の目標

システムエンジニアとして10年働くと、上司の指示が無くてもシステム開発を取り仕切り、責任をもって遂行できるようになっているでしょう。

中規模案件のプロジェクトリーダーや技術的なスペシャリストになっているかもしれません。

10年後の目標は「プロジェクト遅延を起こさない」、「BP(ビジネスパートナー、下請け会社の作業者)さんを効率的に動かす」、「ユーザーから指名されるシステムエンジニアになる」などでも良いでしょう。

5年後と10年後の視野の違い

5年後はまだまだ自分が中心です。

自分のことで手一杯だったのが、ようやく少し周りを見る余裕が生まれてくる頃です。

5年後の目標は「自分がどうなっていたいか」ということに重きを置きます。

10年後はプロジェクトリーダーとして他のシステムエンジニアを束ねる立場になっている頃です。

10年後の目標は「自分がどうなっていたいか」に加え、「プロジェクトをどうしたいか」ということにも重きを置きます。

視野をどんどん広げていきましょう。

■まとめ

システムエンジニアは案件を終えるごとに一歩ずつ成長していきます。

目標も短期的なものから中期的なもの、長期的なものまで一つずつ設定していきましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする