システムエンジニアにプログラミング技術が必要な理由

昔は「システムエンジニア」と「プログラマー」に職種が分かれていました。

今はシステムエンジニアがプログラマーの仕事も包括するようになりました。

その変化に伴い、システムエンジニアにもプログラミング技術の習得が必須となりました。

システムエンジニアにプログラミング技術が必要とされるようになった理由をまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

「システムエンジニア」と「プログラマー」の違い

システムエンジニアはシステムを設計する人。

システム開発の上流と呼ばれる要件定義、基本設計、詳細設計を行っていました。

プログラマーは設計書をもとに、実際にプログラムを作る人。

システム開発の下流と呼ばれるプログラミング、テストを行っていました。

現在はシステムエンジニアが上流から下流まで一貫して作業することが殆どです。

プログラミングができないシステムエンジニアの問題点

システム開発上流と下流で作業者が分かれていると、トラブルが生じやすくなります。

システムエンジニアがいくら完璧と思えるシステムを設計をしても、そのプログラミング言語やフレームワークでは実現不可能な場合、プログラマーからNGを出されてしまいます。

システムエンジニアがプログラミングやシステムそのものを理解していないと、結局またユーザーと仕様変更の打合せが必要になり手戻りが発生します。

プログラマーも上流で行われる打合せに出席していないことで、設計書を見てプログラミングをする際、その「行間」を読み取ることが難しくなります。

プログラマーは「こうした方がシンプルで処理効率も良い。なぜこうしないのか?」と一つ一つシステムエンジニアに確認する必要があります。

結局のところシステム開発は上流から下流まで一貫して作業したほうが手戻りが減り、プロジェクト全体の工数が減るのです。

未経験でシステムエンジニアになれるのか

新卒採用で「システムエンジニア募集」となっていても、いきなりシステムエンジニアとして働ける即戦力を募集しているということではありません。

文系からシステムエンジニアになる方も大勢いますので、何もかも未経験ということもあります。

システムエンジニアとして採用されても、最初の1~2年はプログラミングやテストを担当し、経験を積みます。

ユーザーとの打合せやシステムの設計を任されるようになるまで、数年の猶予があります。

その間にプログラミングやシステム設計の基礎を学びます。

まとめ

システム開発の上流から下流まで、すべてを一人で責任をもって遂行できるようになるまでには時間が掛かります。

システムエンジニアはまずはプログラミングを学び、システム開発やプログラミングの知識を培います。

そうすることでプログラミングができるシステムエンジニアとして、プロジェクト全体を見通し、活躍できるようになります。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする