システムエンジニアになるとき、業種はどう決める?

システムエンジニアといっても、勤務する企業によって様々な業種があります。

業種はどのように決めたら良いか、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの業種

システムエンジニアの業種は勤務する企業によって決まります。

システムインテグレーターに勤務すれば業種は情報サービス業になりますし、メーカーに勤務すれば業種は製造業になります。

多くは情報サービス業

就職活動をする際、システムエンジニアになることは決めたが業種をどうするか悩むということもあると思います。

システムエンジニアを目指す人の多くは「システムエンジニアとしてのスキルを身に付けたい、システム開発をしてみたい。」という人だと思います。

その場合、システムインテグレーターに就職するのが良いと思います。

やはりシステムインテグレーターのシステムエンジニアは色々な企業のシステム開発ができますし、最新技術にも強くなれます。

システムインテグレーターにも種類があり、例えば金融系のシステムエンジニアになりたい場合は、銀行や証券会社が出資し、システム部門を子会社化もあります。

自分がどのようなシステム開発に携わりたいのか、就職活動する際にはよく考えてみましょう。

社内システムエンジニア

就職したい企業があり、そこがシステムインテグレーターではない場合は社内システムエンジニアを目指すことになります。

また、自分の勤める企業のシステム開発をしたいという理由で社内システムエンジニアを目指す人もいるでしょう。

社内システムエンジニアの業種は、製造業、通信業、小売業、農業など様々です。

近年は農業関連のシステムエンジニアが増えてきています。

有機野菜の通信販売を手がける企業が増え、農作物の物流もシステム化されています。

業種は変えることもできる

システムエンジニアは転職する際、あまり業種は関係ありません。

あくまでもシステムエンジニアとしてのスキルや適性が重要視されますので、「この業種のシステムエンジニアは、あの業種のシステムエンジニアには転職できない。」という障害はありません。

業種に捉われ過ぎず、やりたい仕事を探しましょう。

システムインテグレーターでシステムエンジニアとしてのスキルを磨き、その後、社内システムエンジニアに転職する人も多くいます。

まとめ

システムエンジニアの業種は様々です。転職すれば業種を変えることもできます。

業種に捉われ過ぎず、やりたい仕事を探しましょう。

まずはシステムインテグレーターか、その他企業か、そこから決めていきましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする