フリーランスのシステムエンジニアがエージェントを利用するワケ

フリーランスで仕事をしているシステムエンジニアは、エージェントに登録している人が多いです。

エージェントとはどのようなものか、なぜ利用されているのか、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

エージェントとは

フリーランスのシステムエンジニアは、仕事を自分で見つけ、交渉、契約を行わなくてはなりません。

フリーランスのシステムエンジニアは何か専門的な強みが無い限り、単価を安くされてしまったり、企業によってはフリーランスのシステムエンジニアと直接契約をしないところもあります。

フリーランスのシステムエンジニアは仕事を探す営業の仕事と、システム開発のシステムエンジニアの仕事の両方をしなくてはなりません。

そこで営業の仕事を担ってくれるのがエージェントです。

手数料を支払えば仕事を探してきてくれるので、システムエンジニアの仕事だけに集中することができます。

エージェントを利用するメリット

エージェントの元には企業からたくさんのシステム開発プロジェクトの情報が集まります。

その中から、希望単価とスキルにあった仕事をピックアップして紹介してくれるので、自分の希望に近いプロジェクトに参画することができます。

また、福利厚生が利用できるというメリットもあります。

エージェントは事務作業も助けてくれる

フリーランスのシステムエンジニアは個人事業主であることが多いです。

毎年、自分で確定申告をしなくてはなりません。

事務作業も自分の仕事とはいえ、事務作業が得意では無いシステムエンジニアは大勢います。

エージェントの中には、必要書類を提出するだけで確定申告に関する書類を作成してくれるところもあります。

フリーランスのシステムエンジニアはプロジェクトにアサインされていないと賃金を稼ぐことはできません。

事務作業をしている時間があるならエージェントにお任せして、自分はシステムエンジニアとして働いたほうが効率的です。

新たな強みを発見してもらえる

エージェントに登録すると、担当者とコンタクトをとり、どのようなスキルや経験があり、どのようなプロジェクトに参画したいのかなどを伝えます。

その際に自分では気付いていない強みを、担当者が客観的な視点から指摘してくれることがあります。

なかなか自分を客観視することは難しいですので、第三者の視点から自分の強みを探してもらえるのは有難い機会です。

まとめ

フリーランスのシステムエンジニアはエージェントを利用すると様々なメリットがあります。

エージェントもたくさんありますので、自分に合ったところを探しましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする