システムエンジニアが一度はやってみたいプログラミング言語

システム開発において、プログラミング言語はたくさんあります。

昔から定番のものから流行りのものまで、プログラミング言語は数百から数千個もあると言われています。

その中で、システムエンジニアが一度はやってみたいと思うプログラミング言語をについて、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

Java

Javaは1995年に登場して以来、20年以上経った現在でも非常に人気のあるプログラミング言語です。

システムエンジニアにとってJavaでの開発経験があるということは強みになりますので、転職をする際にも有利にはたらきます。

Javaはプログラミング経験が無い人が学ぶ上で、学びやすい、分かりやすいと言われています。

Javaが持つ技術特性はいくつかあります。

コンポーザビリティ、偏在性、ユーティリティ性などです。

Javaは「不可がかかる状況にも対応できる言語」と言われています。

今後もシステムの規模に関係なく、様々なプロジェクトで使用されていくと思われます。

これだけ圧倒的なシェアと人気があるプログラミング言語は珍しいです。

システムエンジニアなら、「一度はJavaで開発したい、勉強したい。」と思うものです。

Python

Pythonは当初日本ではマイナーな言語でした。

しかし、近年の人工知能(AI)の人気の高まりに伴い、注目されるようになりました。

今後もPythonができるシステムエンジニアの需要は拡大していくと言われています。

Pythonは「パッと見ただけで分かりやすい言語」です。

バグが潜んでいるときに発見しやすく、保守性が高いという特徴があります。

SNS、Dropbox、ソーシャルゲームアプリなどで実績を積み上げてきていますので、今後も拡大して行くでしょう。

PHP

Webシステム開発をする上で、PHPはフレームワークが充実しているプログラミング言語です。

プログラムのコンパイルが不要ですぐ動かすことができる点がメリットとしてあげられます。

プログラムを修正した際に、その修正点をすぐに動作確認することができますので、本番環境への移行も他のプログラミング言語に比べてスムーズです。

小規模な修正を繰り返すような可変性のあるシステムの開発に向いています。

ライブラリーも多く、昔から根強くシステムエンジニアに支持されているプログラミング言語です。

まとめ

システムエンジニアはプログラミング言語に興味津々で、基本的にプログラミングが好きです。

新しいプログラミング言語や流行りのプログラミング言語には一度は触れてみたいと思うものです。

フレームワークやライブラリーはプログラミング言語ごとに異なりますので、新しい発見があることでしょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする