システムエンジニアがより良い待遇で転職する方法

システムエンジニアは転職をしてステップアップをしていく人も多いです。

より良い待遇で転職する方法をまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

自分の市場価値を分析する

システムエンジニアが転職を考える場合、自分の市場価値を客観的に分析する必要があります。

そのために、外部セミナーや勉強会、異業種交流会などに積極的に参加しましょう。

そういった集いに参加することによって、「この話は理解できる」「この話は理解できない」という切り分けが明確になり、自分の現在の実力が把握しやすくなります。

自分の市場価値を客観的に分析してから転職先の企業の絞り込みを行います。

自分の現在の市場価値よりワンランク下のレベルの企業の求人に応募すれば、より良い待遇で転職することができます。

この方法は自分の市場価値を正確に分析する必要がありますので、慎重に行いましょう。

ITに注力していない企業を探す

まだITに注力していない企業を探し、自分を売り込むという転職方法があります。

この方法は企業にシステム化のメリットを説明し、自分が入社すれば、どういった変化をもたらすのかを売り込みます。

社内システムエンジニアとなり、まずは軽微な事務作業のシステム化などを行い、徐々にシステム化を社内で進めていきます。

ITに注力していない企業はネットワーク技術者やヘルプデスクが配置されていない場合が多いので、転職後はシステムエンジニア兼ヘルプデスクとして働くことも想定しておきましょう。

幅広い資格を取得する

システムエンジニアは転職するときに資格の有無は必ずチェックされます。

幅広い資格を取得し、システムエンジニアとしてオールラウンダーになっていることで、より良い待遇で転職しやすくなります。

プログラミングにもデータベースにもネットワークにも強いシステムエンジニアは重宝されます。

まだ転職したい企業が絞り込めていない場合でも、先行して資格を取っておきましょう。

価値があるのにあまり人気のない資格を取得しておくことで、他の人と差別化をはかる方法もあります。

様々な資格の受験者数と合格率を調べて、どの資格を取るか計画を立てましょう。

まとめ

システムエンジニアがより良い待遇で転職する方法はいくつもあります。

自分の市場価値を分析し、どのような待遇で、どのような企業で働きたいのか考えてみましょう。

一から開拓するのが好きな人は、社内システムエンジニアに転職するのも良いでしょう。

資格は転職するときに助けになりますので、積極的に取得しましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする