システムエンジニアでもプログラミングができない人はいる

システムエンジニアでも全くプログラミングできない、プログラムが読めないという人はいます。

システムエンジニアにも色々な仕事がありますので、プログラミングのスキルを必要とされないシステムエンジニアもいるのです。

自分でプログラミングしないシステムエンジニアとはどのような人なのか、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

ベンダー管理をするシステムエンジニア

社内システムエンジニアはシステム開発において、自分でバリバリとプログラミングをしているとは限りません。

ベンダーと呼ばれる製品のメーカー、販売会社に開発を依頼し、社内システムエンジニアはその進捗管理や成果物のチェックを行います。

その場合、社内システムエンジニアは納品されたプログラムの動作確認テストは行いますが、プログラミングをしたり、プログラムを読んだりはしません。

ベンダー管理とは、 ビジネス側の開発意図を要件に落とし込み、ベンダーと開発調整することです。

この場合、社内システムエンジニアはプログラミングできないとしても、問題ありません。

プロジェクトリーダーをするシステムエンジニア

システム開発のプロジェクトにはシステムエンジニアを束ねるプロジェクトリーダーが必ずいます。

プロジェクトリーダーの仕事は開発管理です。

仕事内容は、進捗管理、成果物のレビュー、プロジェクトメンバーのフォローなどです。

自らプログラミングをすることは通常ありません。

プロジェクトメンバーが作成したプログラムをレビューしますので、プログラミングできないとしても問題ありませんが、プログラムは読めなくてはなりません。

プログラミングができるのと読めるのは大きく違う

実は「プログラミングはできないけど、読むだけならできる」というシステムエンジニアもいます。

プログラミングが読めるというのは、「このプログラムがどんな処理をしているのか理解できる」ということです。

コーディング規約に則ってプログラミングされているか、設計書通りにプログラミングされているかチェックすることはできますのでレビューを担当します。

プログラミングができるというには、スキルも知識も経験も必要です。

同じ処理を実現するにも、様々なアプローチの方法があります。

プログラミングができるシステムエンジニアは、その最善の策を考えることができます。

まとめ

ベンダー管理を主な仕事としているシステムエンジニアはプログラミングができなくても問題ありません。

プロジェクトリーダーはプログラミングできないとしても問題ありませんが、プログラムを読める必要があります。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする