システムエンジニアの40代の年収について

システムエンジニアで40代といえば、中堅からベテランになり、最も活躍できる年代です。

40代の年収は勤務先やポジションによって大きく開きがあります。

ここではシステムエンジニアの40代の年収の平均と、年収が高い人はどんな人かをまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの20代と40代の年収比較

システムエンジニアは新卒採用時から比較的月給が高いです。

システムエンジニアの20代の年収は平均で400万円ほどです。

しかし、若いうちは残業の多い忙しい案件にアサインされることも多く、残業代を含めると20代で年収600万円を超える人もいます。

では、40代になると年収はどれぐらいアップするのでしょうか。

システムエンジニアの40代の年収は平均で650万円から750万円ほどです。

40代は管理職に就いていることが多く、残業代は支給されないでしょう。

40代で年収をアップするためにマネジメント能力を身につける

40代のシステムエンジニアにはプロジェクト全体を管理できるマネジメント能力が求められます。

ユーザーとの交渉、システム開発の進捗管理、人員の管理などです。

自分に何が求められているのかを把握し、それを実行できるシステムエンジニアになっていれば、評価され年収もアップしていきます。

40代で年収をアップするために技術的なスペシャリストになる

20代、30代で計画的に技術的なスキルを身につけ、40代では他者では代えがきかないスペシャリストになりましょう。

40代のシステムエンジニアに求められるのはマネジメント能力だけではありません。

技術的なスキルでユーザーにアピールし、次のシステム開発でも名指しでアサインのリクエストが来るようになれば、評価され年収もアップしていきます。

システムエンジニアの40代での転職

システムエンジニアは20、30代で経験を積み、40代でキャリアアップのために転職する人も多いです。

自分の能力をより高く評価してくれる企業に転職することで年収のアップが期待できます。

企業によってはシステムエンジニアの新卒採用は行っておらず、転職の中途採用のみを行っているところもあります。

40代はシステムエンジニアの「働き盛り」であり、市場価値が高まる時期です。

まとめ

40代で高い年収を得るためには、マネジメント能力を身につけること、技術的なスペシャリストになっていることが重要です。

20、30代のうちから「40代でどのようなシステムエンジニアになりたいか」計画を練りましょう。

自分がシステムエンジニアとしてどれぐらいの市場価値があるかを把握し、転職も選択肢のひとつとしましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする