システムエンジニアとプログラマーの年収比較

システムエンジニアとプログラマーは仕事内容は似ていますが、年収には開きがあります。

それぞれの年収について、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの年収

システムエンジニアの年収は平均で500~650万円と言われています

スキルアップをして、プロジェクトリーダー、プロジェクトマネージャーになると年収は上がります。

20代の平均年収も400万円ほどありますので、若いうちから比較的お金を稼ぎやすい仕事です。

若いうちは忙しいプロジェクトにアサインされることが多いです。

残業代も合わせると20代で年収500万円を超えることも珍しくありません。

大企業のシステムエンジニアでスキルアップしていくと、最高で1,500万円ほどの年収を得られます。

就職活動の際には色々な企業の年収を調べてみましょう。

プログラマーの年収

プログラマーの年収は平均で350~500万円と言われています。

勤めている企業によって年収は変わります。

大企業のプログラマーで年収500万円、中企業のプログラマーで400万円、小企業のプログラマーで350万円程です。

システムエンジニアと同様に残業が発生しやすいため、年収が高くなる傾向にあります。

年間100万円近くを残業代として稼ぐこともあります。

海外と日本ではプログラマーの年収に大きな差があり、海外の方が倍稼げると言われています。

日本国内でも外資系企業のプログラマーは年収が高めです。

プログラマーとしてスキルアップしていくには、マネジメントまたはスペシャリストとしてスキルアップしていく必要があります。

なぜ年収に開きがあるのか?

システムエンジニアはプログラマーを指揮、統括する立場です。

システム開発においてもシステムエンジニアは上流から下流まで幅広く作業を行います。

プログラマーよりシステムエンジニアのほうが幅広い知識やスキルを必要とされますので、年収に開きがあります。

女性システムエンジニアの年収

女性システムエンジニアの年収は、男性と比べて100万円以上安いと言われています。

これは、女性は体力的に男性より劣るため、男性に比べると残業時間が短い傾向にあるためです。

また、子供がいる女性システムエンジニアは時短勤務でノー残業ということもあります。

そのため、統計上は女性システムエンジニアの年収は安くなっていますが、男性と同じぐらい働く女性は、男性と同じ年収を得られます。

まとめ

システムエンジニアとプログラマーの年収には開きがあるのが現状です。

しかし、どちらも高収入を得られるようにステップアップしていく道はあります。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする