システム開発におけるシステムエンジニアの仕事の主な流れ

システム開発は設計や開発などに工程が分かれており、工程ごとにスケジュールが決められいます。

システム開発はどのように進んで行くのか、システムエンジニアの仕事の流れをまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

要件定義、基本設計、詳細設計

システム開発における上流工程の仕事の流れを説明します。

システム開発は要件定義から始まります。

システムエンジニアはユーザーから要件をヒアリングし、開発するシステムの全体像、開発スケジュール、工数、本番稼働日、運用保守の期間などを決定します。

基本設計では画面定義や機能定義をします。

プログラミング経験の無い人が読んでも理解できる、「どのような機能を持たせるか」という部分を記述します。

詳細設計では画面の一つ一つの項目名やデフォルト値、メッセージ内容、エラーコードなどを定義します。

「詳細設計書を読めばプログラミングができる」というレベルで細かい部分まで全てを記載します。

開発、単体テスト、結合テスト、システムテスト

システム開発における下流工程の仕事の流れを説明します。

開発工程はプログラミングです。

システムエンジニアやプログラマーは、コーディング規約という「そのシステム開発におけるプログラミングのルール」に則って開発をしていきます。

開発が完了したプログラムから順次、単体テストを実施します。

単体テストは開発したプログラムを単体で動かし、問題が無いことを確認します。

単体テストで問題が無ければ、次に結合テストを実施します。

結合テストは開発した複数のプログラムを組み合わせて、「AプログラムがBプログラムを呼出し、Cという結果が返却されるか」といったテストをします。

最後に、開発したプログラムすべてを組み合わせて動かし、本番と同様の環境で作られたシステムテスト環境でシステムテストを実施します。

本番稼働

要件定義で定めた本番稼働日にプログラムを本番環境へ移行し、稼働確認します。

稼働確認で問題が発生した場合、プログラムを移行前の状態に一旦差し戻します。

問題の原因究明と修正を加えた後に再度、本番移行します。

運用保守

本番稼働後1~2ヶ月、運用保守という形で少人数のシステムエンジニアがプロジェクトに残ります。

ユーザー要望をヒアリングし、軽微な修正や改善の仕事を行います。

運用保守でも基本設計~本番稼働までの流れは同じです。

まとめ

システム開発におけるシステムエンジニアの仕事は多岐に渡ります。

各工程を確実にこなすことで、未然にシステム障害を防ぐことができます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする