システムエンジニアの業種とは何なのか?

システムエンジニアの業種を考えたとき、まずイメージされるのは何でしょうか。

実は様々な業種でシステムエンジニアは活躍しています。

システムエンジニアの業種とは何か、どのような業種があるのか、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムインテグレーターに属するシステムエンジニアの業種

システムインテグレーターとは、簡単にいうと「システムを企画・立案し、開発して納品することを業務とする企業」です。

システムインテグレーターの商品はその企業に所属するシステムエンジニアであり、彼らがシステムを開発することで収益を得ます。

この場合のシステムエンジニアの業種は何かというと「情報通信業」や「情報サービス業」となります。

システムインテグレーターの台頭

システムインテグレーターの業務はもともと、各企業にあるIT部やシステム部に所属する社内システムエンジニアと呼ばれる人たちが担ってきました。

しかし、パソコンやインターネットの普及に伴いシステムの高度化が進み、社内システムエンジニアだけで運用管理することが難しくなってきました。

そこから徐々にシステムインテグレーターへアウトソーシングされるようになりました。

システムインテグレーターの需要拡大により、そこに所属するシステムエンジニアの数も劇的に増えました。

社内システムエンジニアの業種

システムインテグレーターの需要が拡大しているとはいえ、各企業内では現在も多数の社内システムエンジニアが活躍しています。

社内システムエンジニアが指揮を執り、システムインテグレーターから派遣されたシステムエンジニアがその配下でシステム開発を行っています。

社内システムエンジニアが存在する企業の業種は多岐に渡ります。

その企業に所属する社内システムエンジニアの業種は何かというと「小売業」、「製造業」、「農業」、「金融業」などになります。

近年は農業システムエンジニアが注目されており、その人数も増えてきています。

昔からあるビジネスモデルのシステム化がどんどん進んでいますので、今後もシステムエンジニアの業種は増えていくでしょう。

まとめ

システムエンジニアの業種は何かという疑問を持つことで視野が広がり、様々なシステムエンジニアの形を見ることができます。

興味のある業種のシステムエンジニアはどのようなシステムを開発しているのか、調べてみましょう。

システムインテグレーターに所属するシステムエンジニアと社内システムエンジニア、自分にはどちらが向いているか考えてみましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする