資格なしでもシステムエンジニアへ転職することは可能か?

他の職種からシステムエンジニアに転職したいと思ったとき、そのハードルは高いのでしょうか。

未経験、資格なしでシステムエンジニアへの転職は可能なのか、ご紹介します。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの中途採用は経験者ばかり

システムエンジニアは新卒採用であれば未経験、資格なしでも多くの募集があります。

これが転職となりますと中途採用ですので、経験値重視、資格重視となってしまいます。

資格は客観的な指標ですので、転職の際のアピールポイントであり、評価の対象となります。

企業は中途採用者には即戦力になれることを求めています。

資格なしでシステムエンジニアに転職できる人は、どんな人?

他の職種からシステムエンジニアに転職する人は、何かしらの形でシステムに関わっていることが多いです。

例えば商品部の人が社内の物流システムを通じてシステムエンジニアと仕事上の関わりがあり、興味を持った場合などです。

転職する時にシステムエンジニアに関する資格なしだとしても、システムというものを理解している、物流を理解しているという強みがあります。

物流系システムの開発を行っている企業にとっては非常に欲しい人材だといえるでしょう。

また、実務でシステムエンジニアの経験や資格がなくても、大学や専門学校でプログラミングの経験がある人は転職に有利です。

学生時代にどのようなプログラムをどれぐらいの工数で作成したのか、しっかりとまとめておきましょう。

知識なし、資格なしでシステムエンジニアになりたいと思ったら

システムに関する知識も資格もない状態でやみくもに転職活動をしても、あまり良い結果は得られないでしょう。

そうであれば、初歩的な資格を取る、本や雑誌から知識を得るなどして、転職に向けて準備をしておきましょう。

IT業界にも波があります。

ITバブルと呼ばれた2000年頃は新卒採用、中途採用ともに非常に多くの募集がありました。

IT業界全体が盛況でシステム開発の仕事の受注数が多ければ、当然、システムエンジニアの人数も多く必要になります。

2017年現在、IT業界は「ITバブル以来の割高水準」と言われています。

IT業界の波、市場動向を常にチェックして転職するタイミングを見極めましょう。

まとめ

他の職種から資格なしでシステムエンジニアに転職するには、自分で準備や努力をすることが必要です。

自分の強み、アピールポイントを明確にまとめておきましょう。

IT業界が盛況であるときのほうが中途採用の募集も多くなり、転職しやすいと言えます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする