病院のシステム化におけるシステムエンジニアの仕事内容

近年、大きな総合病院は殆どシステム化が完了しています。

小さな個人病院でもweb予約システムを導入していることが増えました。

病院のシステム化におけるシステムエンジニアの仕事内容をまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

総合病院のシステム化

昔の医師はドイツ語で手書きでカルテを記入していました。

今は電子カルテが導入され、病院全体がシステム化しています。

再診の場合は再診受付機に診察券を通すと、受付伝票が印刷されます。

医師は診察しつつパソコンと向き合い、電子カルテにデータを入力します。

診察が終われば自動精算機に診察券を通せば精算ができ、領収書が発行されます。

病院のシステム化におけるシステムエンジニアの仕事内容は、これまで手動で行われていた業務をシステム化することです。

システム化することで患者の治療データを複数の医者が瞬時に共有することができます。

再診受付や精算をシステム化することで人為的ミスを無くすことができます。

個人病院のシステム化

個人病院のシステム化におけるシステムエンジニアの仕事内容は、Web予約システム化やメール送信機能の構築が多いです。

患者にwebで予約を取って貰うことで、病院の電話応対を減らすことができます。

歯科医院では歯に不調がなくても年に1度の定期検査をお勧めしていることがあります。

昔は葉書でお知らせを送っていましたが、メール送信機能を構築することでコストと手間が省けます。

パッケージ化された電子カルテの導入

電子カルテを主力商品としている企業があります。

システムエンジニアが電子カルテを開発し、それをパッケージ化し、様々な病院に導入しています。

パッケージ化することで病院ごとに一から開発する必要がなくなり、低コストで導入することができます。

電子カルテを導入する際のシステムエンジニアの仕事内容は、病院ごとに異なる細部の業務内容をヒアリングし、必要に応じてパッケージに変更を加え、その病院にとって最適なものを納品することです。

パッケージ化されている部分については過去に導入した病院での稼働実績などから潜在的なバグは存在しないと判断できます。

障害発生時には、導入する際に変更した部分を重点的に原因調査すれば良いというメリットもあります。

まとめ

病院のシステム化におけるシステムエンジニアの仕事内容で重要なのは、現在の業務の流れを詳細に把握することです。

現在の業務の流れを変えることなく、それを手動からシステムに切り替えていきます。

低コストで電子カルテのパッケージを販売、導入している企業もあります。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする