システムエンジニアリングはVモデルが基本の形

システムエンジニアリングを合理的かつ精度を高く行うために、Vモデルという定義があります。

現在、多くのシステムエンジニアリングでVモデルが採用されており、基本の形となっています。

Vモデルに則ったシステムエンジニアリングの仕方をまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

Vモデルとは

Vモデルとは、システムエンジニアリングにおいて「いつ」、「誰が」、「何を」、「どのようにして」、責任を持って行うのかを定義したものです。

システムエンジニアリングには多くの人と工数がかかります。

それをいくつかの工程に分け、その各工程を進める上で必要なことをVモデルに則って決めていきます。

Vモデルは各工程の成果物は何なのかについても細かく定められています。

実際のシステム開発でVモデルはどう使われているか

まず、システムエンジニアリングは要求分析、要件定義、基本設計、詳細設計、コーディング(プログラミング)と進んで行きます。

コーディングが終了した後は、要件をすべて満たしているかチェックするテスト工程が続きます。

テスト工程は範囲や観点を変えて何重にも行い、バクが潜んでいないか確認していきます。

コーディングが終わると、まずコードレビューを行います。

コードレビューとはコーディングがコーディング規約通りに行われているか、正常処理、エラー処理が正しく行われているか、処理分岐は適切か、定数定義は適切か、などプログラムを1行ずつ細かくチェックしていきます。

次に単体テストを行います。

単体テストの観点は「詳細設計の内容が正しくコーディングされているか」になります。

次に結合テストを行います。

結合テストの観点は「基本設計の内容が正しくコーディングされているか」になります。

次にシステムテストを行います。

システムテストの観点は「要件定義の内容が正しくコーディングされているか」です。

最後に受入テストを行います。

受入テストの観点は「要求分析の内容が正しくコーディングされているか」です。

Vモデルは観点が変わる

要求分析~コーディングまでは、観点が徐々に狭まってより詳細になっていきます。

コードレビュー~受入テストは逆に観点が徐々に広がり、より実務レベルになっていきます。

まとめ

システムエンジニアリングにおいてVモデルは各工程の進捗状況の把握がしやすくなり、責任の所在が明確になります。

Vモデルはこれまでに多数のシステム開発案件で採用されており、その有用性が立証されています。

Vモデルはシステムエンジニアリングを円滑に進めるために用いられています。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする