システムエンジニアとプログラマーの仕事内容の違いとは

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容は、重なっているところもありますが基本的には切り分けられており、違いがあります。

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容の違いについて、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの仕事内容

システムエンジニアの仕事内容は、基本的にはシステムの上流といわれる、要件定義、基本設計、詳細設計を行うことです。

しかし、近年はシステムエンジニアがプログラマーの仕事内容も担当することが多くなりました。

その場合、システムエンジニアがシステムの下流といわれる、プログラミングやテストも行い、システム開発における全ての仕事を一手に行います。

システム開発における全ての仕事内容を同じメンバーで行うことで、認識の違いが無くなりスムーズにシステム開発が行えるようになります。

プログラマーの仕事内容

プログラマーの仕事は内容は、基本的には設計書通りにプログラムを開発し、テストを行うことです。

プロジェクトごとに担当する仕事内容は違い、システムエンジニアが基本設計を行い、詳細設計はプログラマーが行うこともあります。

プログラマーの仕事内容は設計書通りにプログラミングをすることですが、実は設計書が全て正しいとは限りません。

設計書に誤りや矛盾、考慮漏れなどの仕様バグが潜んでいることも多々あります。

プログラマーはシステムエンジニアとは違い、プログラミングやテストスキルに長けています。

システムエンジニアが気付かなかった仕様バグを見つけることもプログラマーの重要な仕事内容です。

プログラマーからシステムエンジニアに指摘をしたり、注意喚起をすることも多くあります。

仕事内容の違いが曖昧になりつつある

システムエンジニアがプログラミングをしたり、プログラマーが設計をしたりすることが増え、両者の仕事内容の違いが曖昧になりつつあります。

両者ともに経験の浅いうちは、システムエンジニアとしての基本的な作業、プログラマーとしての基本的な作業を行いますので、仕事内容に違いがあります。

両者ともに経験を積むとシステム開発に対する視野が広がり、知識も増えてきます。

システムエンジニアとプログラマーという垣根を越えて、より良いシステムを開発するために助け合えるようになります。

まとめ

システムエンジニアとプログラマーの仕事内容の違いは、経験を積むと曖昧になっていきます。

両者とも、より良いシステムを開発したいという共通の目的がありますので、協力し合って仕事を進めていきます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする