システムエンジニアの仕事は家族の理解が必要

システムエンジニアの仕事は生活が不規則になりがちです。

家族とコミュニケーションを密に取り、仕事への理解を求めましょう。

システムエンジニアの仕事を理解して貰うことの大切さをまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

システムエンジニアの仕事はイメージしにくい

システムエンジニアは残業や休日出勤が発生しやすい仕事です。

家族に「今日は早く帰れそう」と伝えてあっても、突発的な残業が発生してしまい、結局は深夜に帰宅するなんていうことも日常茶飯事です。

家族は「なぜ?」と思うでしょう。

システムエンジニアの経験が無い人が、システムエンジニアの仕事を100%理解するのは不可能です。

しかし、理解して貰えないからといって説明しない、コミュニケーションを取らないというのは問題です。

システムエンジニアは仕事で疲れ、更に理解のない家族間で疲れるという環境ではやっていけません。

「サーバーがダウンしたから突発的な残業が発生した」という説明だけでは理解は得られません。

「サーバーがダウンしたから、復旧作業で何をして、復旧後は何の処理が上手くいくまで監視してから帰ってきた」と少しでも具体的に分かりやすく説明しましょう。

システムエンジニアは勤務時間も変動する

システムエンジニアも基本的には朝に出勤して夜に帰宅します。

ただし、本番移行など特別なスケジュールがある場合は勤務時間も変動します。

朝に出勤し、その日は帰らず、次の日の昼に帰宅し、また夜から出勤するという場合もあります。

家族が仕事を理解していれば、自宅にいる日中に仮眠を取りやすいように静かにしてくれたり、協力してくれるでしょう。

共働きは大変

夫婦ともにシステムエンジニアであれば、共働きでもお互いに理解があります。

片方の仕事が忙しい場合、もう片方の家事の負担が大きくなります。

システムエンジニア同士であれば「ずっと忙しいわけではないし、このプロジェクトが終わったら家事をやって貰おう」と柔軟に対応して貰えます。

夫婦の片方だけがシステムエンジニアの場合、理解がないと喧嘩の元になります。

暇な時は積極的に家事をやり、忙しい場合は「いつまで忙しいのか」を具体的に伝えて理解を求めましょう。

まとめ

システムエンジニアの経験が無い人にシステムエンジニアの仕事を理解して貰うのは難しいことです。

普段からコミュニケーションを密に取り、きちんと仕事の状況を説明するようにしましょう。

共働きの場合はどちらか一方に家事の負担が多くなっていないか、常に気にかけるようにしましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする