システムエンジニアに人気のマイクロソフト社認定資格

システムエンジニアに人気の資格には、IPAが実施する国家資格と、ベンダー系の資格があります。

IPAの資格は有名ですので取得するシステムエンジニアも多いです。

しかし、ベンダー系の資格の中にも人気の資格はあり、その中でも特に人気のあるマイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)について、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)とは

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)は世界共通の資格です。

システムエンジニアはこの資格を取得しておけば、世界中どこへ行ってもマイクロソフトに関する技術は正当に評価されるでしょう。

マイクロソフト社は難易度別に様々な認定資格を設けていますが、その中で最も初歩的な資格です。

MCP認定プログラムのいずれか1科目に合格すると、マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)と認定されます。

2012年度より新資格に移行

2012年4月にマイクロソフト社の認定資格は刷新されました。

旧MCPはMicrosoft認定プロフェッショナル(Microsoft Certified Professional)の略称でした。

新MCPはMicrosoft認定資格プログラムの略称となりました。

MCPを取得するメリット

MCPは製品とそのバージョンごとに細かく分類されています。

いま自分がどのバージョンの製品を使っているのか、今後どのような製品について勉強したいのかによって、どの資格を取得するか決めることができます。

MCPは細かく分類されていますので、取得することで、いま自分がシステムエンジニアとしてどのようなスキルがあるのか対外的にアピールすることが容易になります。

また、MCPは世界共通の資格ですので、システムエンジニアの待遇が良いと言われているアメリカなど海外で仕事をする上でも役に立つでしょう。

試験内容

MCPはパソコンを使った試験です。

合否もその日のうちにプリントアウトして渡されます。

選択肢の中から正解を選んだり、ドラッグ&ドロップで適切な順番に並び替える形式の問題があります。

試験時間は2時間でも終わった人から退室できますので、スキルさえあれば短時間で試験を終了することができ、忙しいシステムエンジニアでも受験しやすくなっています。

試験料の値上げ

マイクロソフト社は2017年7月18日からMCPの受験料を10%値上げし、21,103円になりました。

試験料には学割がありますので、学生のうちにいくつかの試験にチャレンジするのも良いでしょう。

まとめ

システムエンジニアはMCPを取得することで、マイクロソフト社の製品に対するスキルを対外的にアピールすることができます。

世界共通の資格ですので、積極的に取得しましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする