独学でシステムエンジニアに関連する資格を取るための勉強法

システムエンジニアは独学で資格を取る人が多いです。

勉強する時間を確保する方法と、独学で勉強するコツをまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

勉強する時間を確保する

独学で資格を取るには、難易度によっては相当な勉強時間が必要となります。

システムエンジニアは仕事の拘束時間が長く、1日の中で勉強時間を確保するのが難しいです。

仕事が忙しい場合、1日あたりの勉強時間が1時間を切ることもあります。

勉強期間を長めに設定し、毎日少しずつ勉強を進めていきましょう。

独学で資格の勉強をするシステムエンジニアは、朝に勉強時間を確保していることもあります。

夜は勤務終了時刻がバラバラですが、朝であれば確実に時間を確保できます。

いつもより1時間早く家を出て、始業前にカフェなどで勉強するのも良いでしょう。

朝は頭も体もまだ疲れていませんので、勉強効率が高いです。

独学で勉強するコツ

システムエンジニアに関連する資格試験は、暗記問題と応用問題の二つがあります。

その両方で得点が取れなくては試験に合格できません。

独学で勉強する場合、通勤時間を有効活用しましょう。

通勤電車の中で暗記問題の勉強をしましょう。

一問一答形式の問題集が出版されていますので、それを購入して繰り返し勉強しましょう。

応用問題の勉強は参考書や問題集、ノートを机に広げてしっかりと取り組む必要があります。

朝の出勤前の時間を利用するか、仕事がそこまで忙しくない場合は退勤後の時間を利用しましょう。

しっかりと時間を測り、試験本番で設けられている制限時間より短い時間で解けるように練習しておきましょう。

過去問題を繰り返し解いておくことも重要です。

どの資格試験も傾向はありますので、過去問題をたくさん解いておけば自然に傾向がつかめてきます。

勉強法を先輩に聞く

システムエンジニアは大抵、独学で資格を取ります。

取りたい資格がある場合、先輩で既にその資格を取っている人を見つけてアドバイスを貰いましょう。

苦手な分野や難しい分野がある場合、先輩の勉強法を教えて貰うと攻略するヒントになります。

一つの資格試験に対して、たくさんの参考書や問題集が出版されています。

合格者からオススメの参考書や問題集を教えて貰うのも良いでしょう。

まとめ

独学で資格を取る場合、勉強時間の確保をどうするか考えましょう。

システムエンジニアの先輩には既に資格を取っている人もいますので、アドバイスを貰いましょう。

自分に合う参考書や問題集を見つけましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする