プログラミング経験がない場合でもシステムエンジニアになれるか?

新卒の場合、プログラミング経験がない状態でシステムエンジニアになる人は大勢います。

転職の場合、プログラミング経験がない状態では厳しいです。

新卒と転職で入社後にどのように違いがあるか、まとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

新卒の場合

新卒でシステムエンジニアになる場合、プログラミング経験は不問です。

理系でプログラミング経験があるとしても、現場で即戦力になるとは限りません。

文系の人はプログラミング経験は一切ないことが多いでしょう。

企業は入社後に新卒向けに研修を行います。

その際に文系、理系で分けられることはありません。

全員同じ研修を受けることになります。

新卒で即戦力になれるほどシステムエンジニアの仕事は簡単ではありません。

まずは3ヶ月ほど社内研修をして、その後はOJTといわれる現場での実作業をしながらの研修になります。

企業は数年を掛けてシステムエンジニアとしてのイロハを身につけさせてくれますので、プログラミング経験がない場合でも全く問題ありません。

転職の場合

転職でシステムエンジニアになる場合、プログラミング経験が無いとかなり難しいです。

それでもシステムエンジニアに転職したいのであれば、自分でスクールに通ったり独学でいくつかのIT関連の資格を取っておきましょう。

システムインテグレーターのシステムエンジニアになることは難しいですが、プログラミング経験が必要ない、仕事内容がほぼデータ入力でシステムエンジニアを募集している企業もあります。

そういった企業の場合、既に社内で使われているアプリケーションがあり、それを操作してデータ入力をしたり、画面の修正をしたりします。

アプリケーションの操作で全て出来ますので、プログラミング経験が無くても問題ありません。

システムエンジニアになるなら新卒からがオススメ

システムエンジニアのスキルは日々蓄積されていくもので、一人前になるまで何年も掛かります。

新卒からシステムエンジニアになれば、同期はみんな横並びですので一緒に切磋琢磨し、悩みがあれば共有できます。

転職の場合、同期はいないことも多いでしょうし、年齢=システムエンジニアの経験年数では無いにも関わらず、いきなり難易度の高いプロジェクトにアサインされることもあります。

まとめ

新卒の場合はプログラミング経験は必要ありませんが、転職の場合は必要です。

プログラミング経験が無い状態で転職でシステムエンジニアになるのはハードルが高いです。

システムエンジニアになりたいのであれば、新卒からシステムエンジニアになることをオススメします。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする