システムエンジニアは英語の勉強も必要か?

システムエンジニアで英語を話せる人はそれほど多くありません。

しかし、英語ができると強みになる場合もあります。

システムエンジニアは英語の勉強も必要かまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

英語を使用する企業のプロジェクトに参画する場合

システムインテグレーターに勤務するシステムエンジニアは、プロジェクトごとに様々な客先企業で仕事をすることになります。

大手企業や外資系企業のプロジェクトに参画する場合、企業内での公用語が英語のことがあります。

その場合、システムエンジニアもお客様との打合せは基本的に英語、設計書も英語で作成することになります。

客先企業も外部のシステムエンジニアには完璧な英語は求めてきませんが、日常会話やシステム開発に関連する英単語は理解できる必要がありますので、勉強が必要です。

英語のドキュメントを読む場合

プログラミングの実装方法や、システム障害が発生した場合の解決方法を調べるのもシステムエンジニアの仕事です。

インターネットの日本語サイトで調べていても解決できない場合、英語のドキュメントやフォーラムを読んで調べることがあります。

英会話は必要ありませんが、英語を読んで理解できるように勉強する必要があります。

プログラミングをする場合

プログラミングをする場合、英語は使いませんが英単語は頻繁に使います。

システムの例外が発生した場合の処理のことを「exceptionのtry~catch処理」と言います。

プログラム名、クラス名、項目名、変数名も英語で定義することが多いです。

経験を積めば、よく使われる適切な英単語をパッと思い浮かべることが出来ますが、経験が浅いうちは難しいです。

IT業界で使われる英単語の本が出版されていますので、一度目を通して勉強しておくと良いでしょう。

英会話が必要な場合

客先企業が海外からの輸入製品を扱っている場合、輸入元の海外企業の人からシステムについてヒアリングする場合があります。

電話やテレビ会議で英語で会話する必要がありますので、英語の勉強が必要です。

コミュニケーションをスムーズに取れるように、英語が得意な人が参画している場合が殆どですが、その会議に同席する場合、英語の勉強をしておかないと全く理解できないでしょう。

まとめ

システムエンジニアは高い英語力を求められることは殆どありません。

英語で日常会話ができれば強みになりますし、参画できるプロジェクトの幅が広がります。

英単語は頻繁に使いますので、勉強しておきましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする