システムエンジニアに必要な知識と就職活動

新卒でシステムエンジニアを目指す場合、特別な知識はあまり必要ありません。

最低限必要な知識と、就職活動における面接のポイントをまとめます。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

最低限必要な知識

システムエンジニアの新卒募集は非常に多くの企業が行なっています。

合同説明会に行くとIT関連企業のブースがたくさんあります。

試しに1つのブースに入って話を聞いてみると、システムエンジニアとは何かイメージがしやすくなるでしょう。

システムエンジニアになる人は文系と理系で半々ぐらいです。

プログラミングの経験が全くないままシステムエンジニアになる人も大勢います。

入社前に最低限必要な知識は、システムエンジニアやプログラミングに関するものではなく、IT業界の近況です。

いまIT業界は盛況なのか、不況なのか、新聞に載るような重大なシステム障害が最近起きたか、メガバンクの統合があるか、などです。

IT業界の近況を常にチェックし、就職活動の面接で聞かれても答えられるようにしておきましょう。

就職活動の流れ

システムエンジニアの就職活動も他の業界のと同じです。

気になる企業にエントリーし、説明会へ参加、SPI、一次面接、二次面接、最終面接となります。

プログラミングの知識を問われるような試験はありません。

SPIは各自で勉強しておきましょう。

面接ではシステムエンジニアとしての適正を見られるわけですが、時事問題やIT業界の近況について話が及ぶことはあっても、システムエンジニアとして技術的な知識を質問をされることはまず無いでしょう。

システムエンジニアは実務経験を積んでこそ戦力になりますので、学生時代のプログラミングの経験の有無は重要ではないのです。

面接において何が重要かというと、「普通にコミュニケーションが取れること」です。

システムエンジニアになるにはコミュニケーション能力が必要不可欠です。

これは今までの人生経験で培ってきたものですので、就職してから突然身につくものではありません。

普通の学生生活を送り、自分のことをきちんと自分の言葉で説明できること、質問に対して誠意を持って答えられるかを見られています。

「学生時代に何のアルバイトをしましたか?」など、日常会話のような質問をされたりします。

まとめ

システムエンジニアになるための就職活動で技術的な知識は必要ありません。

IT業界の近況は常にチェックしておきましょう。

面接ではコミュニケーション能力を見られますので、普段から目上のかたと話す機会を持ち、面接の練習をしましょう。

スポンサーリンク
se-infoレクタングル大

se-infoレクタングル大

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする